飯倉大樹 ユニフォーム

太田選手のユニフォームのネーム表記が「OTA」から「KOSUKE」に変更となり、渡邉選手の背番号が11番から9番に変更された。 ]、一時は5位(J1第18節、第21節から第22節まで)にまで浮上したが、第27節で無敗記録が途切れてからは失速し、最終的には9位でシーズンを終えた。権田修一がSVホルンにレンタル移籍。

湘南ベルマーレから山田直輝、7月にモンテディオ山形から茂木力也が期限付き移籍から復帰した。持ち味の1つであるライン統率で、岩下やDF米倉恒貴、DF藤春廣輝といったアグレッシブさを売りとするDF陣を1列にまとめ上げている。 あと、中田英寿やノーベル賞の大村博士の出身地で有名な韮崎にも温泉あるよ。|フォーレちゃんの背中を洗う権利をめぐって、ヴァンくんとふろん太の仲に亀裂が入るのですね。準々決勝で前回王者の全北現代(韓国)、準決勝で城南一和(韓国)に勝利し、現行の大会となって以降ではJクラブ初の決勝進出を果たす。 2005年オランダ大会では2大会連続で出場した平山相太を中心とするメンバーで、前回大会に引き続いて大熊清監督が指揮を取って挑んだ。

[...]

飯倉大樹 ユニフォーム

太田選手のユニフォームのネーム表記が「OTA」から「KOSUKE」に変更となり、渡邉選手の背番号が11番から9番に変更された。 ]、一時は5位(J1第18節、第21節から第22節まで)にまで浮上したが、第27節で無敗記録が途切れてからは失速し、最終的には9位でシーズンを終えた。権田修一がSVホルンにレンタル移籍。

湘南ベルマーレから山田直輝、7月にモンテディオ山形から茂木力也が期限付き移籍から復帰した。持ち味の1つであるライン統率で、岩下やDF米倉恒貴、DF藤春廣輝といったアグレッシブさを売りとするDF陣を1列にまとめ上げている。 あと、中田英寿やノーベル賞の大村博士の出身地で有名な韮崎にも温泉あるよ。|フォーレちゃんの背中を洗う権利をめぐって、ヴァンくんとふろん太の仲に亀裂が入るのですね。準々決勝で前回王者の全北現代(韓国)、準決勝で城南一和(韓国)に勝利し、現行の大会となって以降ではJクラブ初の決勝進出を果たす。 2005年オランダ大会では2大会連続で出場した平山相太を中心とするメンバーで、前回大会に引き続いて大熊清監督が指揮を取って挑んだ。

[...]

飯倉大樹 ユニフォーム

飯倉大樹 ユニフォーム

太田選手のユニフォームのネーム表記が「OTA」から「KOSUKE」に変更となり、渡邉選手の背番号が11番から9番に変更された。 ]、一時は5位(J1第18節、第21節から第22節まで)にまで浮上したが、第27節で無敗記録が途切れてからは失速し、最終的には9位でシーズンを終えた。権田修一がSVホルンにレンタル移籍。

湘南ベルマーレから山田直輝、7月にモンテディオ山形から茂木力也が期限付き移籍から復帰した。持ち味の1つであるライン統率で、岩下やDF米倉恒貴、DF藤春廣輝といったアグレッシブさを売りとするDF陣を1列にまとめ上げている。 あと、中田英寿やノーベル賞の大村博士の出身地で有名な韮崎にも温泉あるよ。|フォーレちゃんの背中を洗う権利をめぐって、ヴァンくんとふろん太の仲に亀裂が入るのですね。準々決勝で前回王者の全北現代(韓国)、準決勝で城南一和(韓国)に勝利し、現行の大会となって以降ではJクラブ初の決勝進出を果たす。 2005年オランダ大会では2大会連続で出場した平山相太を中心とするメンバーで、前回大会に引き続いて大熊清監督が指揮を取って挑んだ。

[...]

飯倉大樹 ユニフォーム

太田選手のユニフォームのネーム表記が「OTA」から「KOSUKE」に変更となり、渡邉選手の背番号が11番から9番に変更された。 ]、一時は5位(J1第18節、第21節から第22節まで)にまで浮上したが、第27節で無敗記録が途切れてからは失速し、最終的には9位でシーズンを終えた。権田修一がSVホルンにレンタル移籍。

湘南ベルマーレから山田直輝、7月にモンテディオ山形から茂木力也が期限付き移籍から復帰した。持ち味の1つであるライン統率で、岩下やDF米倉恒貴、DF藤春廣輝といったアグレッシブさを売りとするDF陣を1列にまとめ上げている。 あと、中田英寿やノーベル賞の大村博士の出身地で有名な韮崎にも温泉あるよ。|フォーレちゃんの背中を洗う権利をめぐって、ヴァンくんとふろん太の仲に亀裂が入るのですね。準々決勝で前回王者の全北現代(韓国)、準決勝で城南一和(韓国)に勝利し、現行の大会となって以降ではJクラブ初の決勝進出を果たす。 2005年オランダ大会では2大会連続で出場した平山相太を中心とするメンバーで、前回大会に引き続いて大熊清監督が指揮を取って挑んだ。

[...]

飯倉大樹 ユニフォーム