内田達也

永田拓也が横浜FCへ、野田紘史が長崎へ、千葉に期限付き移籍中の高橋峻希が神戸へ完全移籍。阿部巧(背番号26)、吉本一謙選手(背番号29)がレンタル移籍から復帰。背番号23HAYASHI、サガン鳥栖所属のゴールキーパー、愛称は林選手です。背番号は39番に決定。 1979年日本大会では、松本育夫監督の指揮の下、尾崎加寿夫、水沼貴史、柱谷幸一、風間八宏、柳下正明、鈴木淳らが出場した。

 するとハーフタイムを挟んで迎えた後半、大久保がユニホーム、ショーツ、ソックスをすべて赤に着替えて再登場(控えの波多野豪も着替えた)。最終節名古屋戦では、試合開始早々に槙野のゴールで先制するも、後半にセットプレーで牟田雄祐に押し込まれ同点に追いつかれる。 ] に追い込まれたが、延長戦の末3-0で勝利し勝ち抜けた。 インテル サッカーkamo シューズケースnike スパイク マジスタスポーツウェア 新宿仙台 スポーツショップスポーツ 用品 梅田。

[...]

内田達也

永田拓也が横浜FCへ、野田紘史が長崎へ、千葉に期限付き移籍中の高橋峻希が神戸へ完全移籍。阿部巧(背番号26)、吉本一謙選手(背番号29)がレンタル移籍から復帰。背番号23HAYASHI、サガン鳥栖所属のゴールキーパー、愛称は林選手です。背番号は39番に決定。 1979年日本大会では、松本育夫監督の指揮の下、尾崎加寿夫、水沼貴史、柱谷幸一、風間八宏、柳下正明、鈴木淳らが出場した。

 するとハーフタイムを挟んで迎えた後半、大久保がユニホーム、ショーツ、ソックスをすべて赤に着替えて再登場(控えの波多野豪も着替えた)。最終節名古屋戦では、試合開始早々に槙野のゴールで先制するも、後半にセットプレーで牟田雄祐に押し込まれ同点に追いつかれる。 ] に追い込まれたが、延長戦の末3-0で勝利し勝ち抜けた。 インテル サッカーkamo シューズケースnike スパイク マジスタスポーツウェア 新宿仙台 スポーツショップスポーツ 用品 梅田。

[...]

内田達也

内田達也

永田拓也が横浜FCへ、野田紘史が長崎へ、千葉に期限付き移籍中の高橋峻希が神戸へ完全移籍。阿部巧(背番号26)、吉本一謙選手(背番号29)がレンタル移籍から復帰。背番号23HAYASHI、サガン鳥栖所属のゴールキーパー、愛称は林選手です。背番号は39番に決定。 1979年日本大会では、松本育夫監督の指揮の下、尾崎加寿夫、水沼貴史、柱谷幸一、風間八宏、柳下正明、鈴木淳らが出場した。

 するとハーフタイムを挟んで迎えた後半、大久保がユニホーム、ショーツ、ソックスをすべて赤に着替えて再登場(控えの波多野豪も着替えた)。最終節名古屋戦では、試合開始早々に槙野のゴールで先制するも、後半にセットプレーで牟田雄祐に押し込まれ同点に追いつかれる。 ] に追い込まれたが、延長戦の末3-0で勝利し勝ち抜けた。 インテル サッカーkamo シューズケースnike スパイク マジスタスポーツウェア 新宿仙台 スポーツショップスポーツ 用品 梅田。

[...]

内田達也

永田拓也が横浜FCへ、野田紘史が長崎へ、千葉に期限付き移籍中の高橋峻希が神戸へ完全移籍。阿部巧(背番号26)、吉本一謙選手(背番号29)がレンタル移籍から復帰。背番号23HAYASHI、サガン鳥栖所属のゴールキーパー、愛称は林選手です。背番号は39番に決定。 1979年日本大会では、松本育夫監督の指揮の下、尾崎加寿夫、水沼貴史、柱谷幸一、風間八宏、柳下正明、鈴木淳らが出場した。

 するとハーフタイムを挟んで迎えた後半、大久保がユニホーム、ショーツ、ソックスをすべて赤に着替えて再登場(控えの波多野豪も着替えた)。最終節名古屋戦では、試合開始早々に槙野のゴールで先制するも、後半にセットプレーで牟田雄祐に押し込まれ同点に追いつかれる。 ] に追い込まれたが、延長戦の末3-0で勝利し勝ち抜けた。 インテル サッカーkamo シューズケースnike スパイク マジスタスポーツウェア 新宿仙台 スポーツショップスポーツ 用品 梅田。

[...]

内田達也
内田達也